タバコが与える影響

最近日本でも禁煙が注目されているタバコですが、喫煙者にとっては自分の家以外は吸いづらくなってきているのではないでしょうか。

タバコが与える影響

タバコを吸う人は箱にも記載されている通り、肺炎のリスクが伴うなど健康被害はよく知られています。

最近はまわりの二次喫煙の健康被害も問題になってきています。
そして今から徐々に知られているですが三次喫煙の恐ろしさです。

三次喫煙とは目の前で吸わなくても吸っている人の服や、吸っている人が手も洗わずに触れたところを吸っていない人が触るだけで影響があるということがわかっています。

目に見えないが為に現実味がわかないのかもしれませんが、喫煙者の家族が自分のせいでガンになったときのことを冷静に考えたらきっと目を背けたくなると思います。

タバコは吸う人、吸う人の周りにいる人に多大なる影響を及ぼす恐ろしい存在です。
タバコは簡単には辞められない

タバコを吸う人は人から辞めるように言われてもなかなか辞められません。
それはニコチンがもつ依存性の恐ろしさからです。

病院にいって処方される禁煙のための薬も本人がやめる意思がなければ服用することさえしないのが現実です。

どうしても吸えない環境が続かない限りスパッと辞めるのはやはり厳しいといえます。
吸わない人からしてみれば1日でも早くやめる努力をしてほしいものです‼

まとめ

まとめ 自分のためにやめられないのであればせめて自分の家族のことを考えてみてください。
喫煙した手で触った所を子供が触ることの怖さを痛感してください。
可愛い我が子の為、孫のためだったら少しは考え方も変わるのではないでしょうか。
せめて上着は玄関で脱ぐ、しっかり手を洗う等少しでも悪影響がないように心がけてもらうのも吸う人の義務だと思います。

すぐに辞められなくても、徐々に辞めていく努力をしていき自分と周りの健康被害も考えてほしいものです。

喫煙年数の倍の年数辞めないと完璧に辞めたことにならないタバコの依存性はほんとに怖いです。